漢方で対策!緑内障緩和に効果的なモノって?

自分でも出来るケア

緑内障のケアは自分でも行なうことが出来ます。食生活の見直しや運動といった基本的なことでも、やらないよりは遥かに効果的なのです。自分に合った方法やケアを見つけて行なうことが重要と言えるでしょう。

薬と漢方の違い

薬は病気や症状に効果のある成分や化学物質を調合して作っている物になります。特定の病気や症状に特化していたり、個人によって副作用や効果の現れが著しいという特徴もありますね。

漢方

漢方は動植物から摂れた成分を元に作られた物です。天然成分が多く含まれているため、より自然に吸収されていきます。継続して使うことによって効果を発揮しやすいとされていますよ。

漢方で対策!緑内障緩和に効果的なモノって?

男性

目がかすむ

目がかすんだり、目の奥が疲れることがありますがこの症状は疲労によって起こる場合と病気に関係して起こる物の二種類があります。失明に繋がる緑内障の可能性もゼロではありませんので、大阪の専門病院で一度診断を受けることをオススメします。

40代の場合は要注意

緑内障は40代以上になると発症のリスクが高まります。また、緑内障は放っておくことによって症状が悪化し、失った視野の回復も出来なくなってしまうという特徴を持っているのです。

漢方の力を借りる

漢方を利用して緑内障の症状を和らげたり、進行を遅らせることが可能です。医師の診断を受けた後の話になりますが、天然成分を利用している生薬の力を使うことで緑内障のケアをしましょう。

早めの対策を

緑内障の改善は難しいですが、発症のリスクを低めることは可能となります。免疫力を高める漢方や適度な運動、目に良い成分を含むサプリメントを服用するなどの対策を行なっておくことで予防対策を立てられるのです。

緑内障に効果的な漢方

五苓散(ごれいさん)

五苓散は水滞を改善させる効果のある利水剤とされています。体質を問わず様々な方に利用できるというのも五苓散の特徴と言えるでしょう。基本的に利水剤の役割を持つ漢方は緑内障に効果的ですよ。

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

苓桂朮甘湯も利水剤として利用できる漢方になっており、体温を上げ消化器の働きをサポートする効果もあります。また眩暈や頭痛といった症状にも効果があるのでオススメです。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

八味地黄丸は腎臓のサポートを行なう漢方となっています。腎臓をサポートすることによって体の中の水分や血液の流れをスムーズにする効果を得ることが出来るので、眼圧の低下にも役立ちます。

広告募集中